タグ別アーカイブ: シュトーレン

12/2(日)から毎週日曜日はシュトーレンを召し上がれ♪

こんにちは、クレ子です。あっという間に2018年も残り約1ヶ月強。

年々時が経つのが早いと感じてしまうのはクレ子だけでしょうか?
と思っていたら、名前の付いた法則がありました。

「ジャネーの法則」というようです。

フランスの哲学者ポール・ジャネさんが心理学的に説明されたようです。

「主観的に記憶される年月の長さは年少者にはより長く、年長者にはより短く評価されるという現象」なのだそうです。

▼ジャネーの法則(ウィキペディア)
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B8%E3%83%A3%E3%83%8D%E3%83%BC%E3%81%AE%E6%B3%95%E5%89%87
200年も前から法則として説明された現象だったんですね~。

ところで、クリスマスケーキのご予約はお済みですか?

クリスマスケーキご予約受付期間:2018年10月13日(土)~12月16日(日)
クリスマスケーキお渡し期間:2018年12月22日(土)~12月25日(火)
店頭でのみご予約を承ります。
クリスマスケーキカタログ

あっという間にご予約期間も過ぎてしまいますので、お早めにどうぞ。

さて、明日11/25はいよいよクリスマスから数えて4回目の日曜日ですねっ!!

・・・・・・と思ったら、数え間違えました(汗)

今年2018年は12/2(日)からです。

シュトーレン

シュトーレン


シュトーレンはクリスマスにちなんだドイツの伝統的なお菓子ですが、クリスマスから数えて4回前の日曜日にリース等に4本のローソクをたてて、最初のローソクに火を灯し、シュトーレンを少しずつ薄く切って食べます。そこから毎週日曜日にローソクの明かりを灯すローソクを1本ずつ増やし、その都度、シュトーレンも少しずつ薄く切って食べていくのだそうです。

その最初の日曜日が今年は、12/2(日)になります。

宗派によって呼び方や考え方も異なるようではありますが、この期間をAdvent(アドベント)といって、イエス・キリストの降誕を待ち望むのだそうです。
▼アドベント(ウィキペディア)
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%A2%E3%83%89%E3%83%99%E3%83%B3%E3%83%88

シュトーレンは、焼き上げてから時間がたつほど味わい深く、おいしくなっていきます。待てば待つほどおいしさが増してくる不思議なクリスマスのお菓子シュトーレンで、今年はゆったりと、ドイツのおいしい習慣を楽しみながらクリスマスを迎えてみてはいかがでしょうか。

シュトーレンのおすすめのカット方法

シュトーレンのおすすめのカット方法

今年はお試しサイズもご用意してますので、お気軽にお手にとってみてくださいね。

シュトーレンお試しサイズ

シュトーレンお試しサイズ

今日からクリスマスまで毎週日曜日はシュトーレン

開店直前の店内(2016.11.26撮影)

開店直前の店内(2016.11.26撮影)

クリスマスケーキご予約受付期間:2016年10月1日(土)~12月15日(木)
クリスマスケーキお渡し期間:2016年12月22日(木)~12月25日(日)
店頭でのみご予約を承ります。
クリスマスケーキカタログ

こんにちは、クレ子です。あっという間に今日も日が暮れてしまいましたね。本当に一日一日が経つのが早いです。
クリスマスケーキのご予約はいただけましたでしょうか。「ノエル・キャラメル・ロム」も「モンブラン」も「チーズケーキ」もご予約受付終了間近です。数量限定品のケーキをご希望の方は、お早目にご来店の上、ご予約くださいm<_ _>m

クリスマスケーキご予約受付状況(成田-2016.11.15 11時点)

クリスマスケーキご予約受付状況(成田-2016.11.15 11時点)

さて、今日はいよいよクリスマスから数えて4回目の日曜日ですねっ!!
・・・・・・といっても、そんな話は初耳かもしれません。クレ子のブログメモ帳の中で、気づくと数年間眠っていたネタのお披露目です。

シュトーレン

シュトーレン


シュトーレンはクリスマスにちなんだドイツの伝統的なお菓子ですが、クリスマスから数えて4回前の日曜日にリース等に4本のローソクをたてて、最初のローソクに火を灯し、シュトーレンを少しずつ薄く切って食べます。そこから毎週日曜日にローソクの明かりを灯すローソクを1本ずつ増やし、その都度、シュトーレンも少しずつ薄く切って食べていくのだそうです。

その最初の日曜日が今年は、今日11/27(日)になります。

宗派によって呼び方や考え方も異なるようではありますが、この期間をAdvent(アドベント)といって、イエス・キリストの降誕を待ち望むのだそうです。
▼アドベント(ウィキペディア)
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%A2%E3%83%89%E3%83%99%E3%83%B3%E3%83%88

シュトーレンは、焼き上げてから時間がたつほど味わい深く、おいしくなっていきます。待てば待つほどおいしさが増してくる不思議なクリスマスのお菓子シュトーレンで、今年はゆったりと、ドイツのおいしい習慣を楽しみながらクリスマスを迎えてみてはいかがでしょうか。

シュトーレンのおすすめのカット方法

シュトーレンのおすすめのカット方法

シュトーレンはじめました。

シュトーレン

シュトーレン

クリスマスケーキご予約受付期間:2016年10月1日(土)~12月15日(木)
クリスマスケーキお渡し期間:2016年12月22日(木)~12月25日(日)
店頭でのみご予約を承ります。
クリスマスケーキカタログ 【A面】【B面

こんにちは、クレ子です。10月下旬頃からパソコンの不具合と闘っている間に、11月も中旬を迎えてしまいました。
色々とタイムリーにご案内することができず、ご不便をお掛けしたところもありまして、誠に申し訳ございません。
ここから、急ピッチで色々なご案内をしてまいりますので、どうぞ宜しくお願い申し上げます。

今年もシュトーレンが店内に並びました。

シュトーレン

シュトーレン


ラ・クレマンティーヌのシュトーレンは、ラ・クレマンティーヌのオーナー森下の想い出の味が再現されています。
気づくと、今は昔の話になってしまいますが・・・・・・パティシエの修行をニューヨークで行っていた頃のこと。
その頃のルームメイトCさんの母親はドイツ人でした。

クリスマス前に彼の母親がシュトーレンを携えて訪れたことがありました。
白い粉に優しく包まれたシュトーレンは、まるで白い産着に包まれた赤子のように大切に抱えられていました。

シュトーレンの生地

シュトーレンの生地


スパイスの効いた濃厚なフルーツケーキの味わいで、「シュトーレンってこんなに美味しいんだ!!」と感動したものです。

帰国後もそのシュトーレンの味が忘れられず、街角でシュトーレンを見掛ける度に口にしてみましたが、残念ながら彼の母親のシュトーレンとは異なるものでした。

ラ・クレマンティーヌのシュトーレン

ラ・クレマンティーヌのシュトーレン


そこで、試行錯誤を繰り返し、想い出の味を再現して生まれたのが、ラ・クレマンティーヌのシュトーレンです。

レシピが特にあるわけでなく、記憶頼みだったこともあり、
想い出の味を再現するのに4年の歳月がかかりました。

マジパンを中心に置きます。

マジパンを中心に置きます。


日本の一般的なシュトーレンは、砂糖の甘さを強調した味わいに仕上がっているものが多いのですが、ラ・クレマンティーヌのシュトーレンは、スパイシーな味わいを楽しんでいただけるように仕上げています。

時間が経つに従って優しいまろやかな味となります。

ラ・クレマンティーヌのシュトーレン

ラ・クレマンティーヌのシュトーレン


また、本場ドイツのプロのシュトーレンは、マジパンを中心にして型に入れて焼き上げていますが、クレマンティーヌのシュトーレンは、家庭でのハンドメイドの優しい味わいを醸し出すために、型には入れずに焼き上げています。
ラ・クレマンティーヌのシュトーレン

ラ・クレマンティーヌのシュトーレン

画一的な型にはまったシュトーレンとは異なった、一つ一つ個性のある家庭的な温もりのあるシュトーレンをお楽しみください。

焼きあがったら、十分に冷ました後に、砂糖をまぶして出来上がり♪

焼きあがったら、十分に冷ました後に、砂糖をまぶして出来上がり♪

シュトーレンのおすすめのカット方法

シュトーレンのおすすめのカット方法

クリスマスケーキご予約受付期間:2016年10月1日(土)~12月15日(木)
クリスマスケーキお渡し期間:2016年12月22日(木)~12月25日(日)
店頭でのみご予約を承ります。
クリスマスケーキカタログ 【A面】【B面