カテゴリー別アーカイブ: よもやま話

Clemen News vol.26

クレマンニュース vol.26

クレマンニュース vol.26


こんにちは、クレ子です。もう、4月も中旬に入ったのですね。まだ4/2~3頃の気分が抜けていません。今年から、ラ・クレマンティーヌでも取り入れられた「イースター」イベント。今年のイースターは4月5日(日)だったということですが、クレマンティーヌのイースターは4/8~4/24迄開催しています。

イースターってなに?

イースターってなに?


そして、なぜ、イースターの日は毎年異なるのかというと、よくわからないので、「イースター 毎年違う」ということで検索してみたところこういったご説明がありました。
▼日本基督教団 富士見丘教会「イースター日曜日が毎年違うのは?」
http://www.fujimigaoka-ch.org/topics/chfujimi/why-date-change.htm

つまり、イースターは、「春分の日を過ぎた、最初の満月の直ぐ後の日曜日が復活節(イースター)」とされたから毎年異なってくるのです。中国の春節、いわゆる旧正月が毎年日程が異なっていることを考えると納得ですね。

復活!とろけるプリン

復活!とろけるプリン


「復活祭」ということで、クレマンティーヌでも復活スイーツをご用意いたしました。卵たっぷりの懐かしの「とろけるプリン」可愛い卵型の容器に入っています♪

イースターロッシェ

イースターロッシェ


タマゴプラケースギフト(小)
小さいタマゴケースには苺のロッシェを入れています。

イースターロッシェ

イースターロッシェ


ロッシェとは、フランス語で「岩」の意味があります。洋菓子の世界では、岩に似たお菓子によく使われる名前ですが、今回は可愛い苺味のチョコレートに仕上がっています♪

イースターマカロン

イースターマカロン


タマゴプラケースギフト(大)
大きいタマゴケースには、マカロンを入れています。

イースターマカロン

イースターマカロン


しかも、たまご風味のマカロンです。とことんタマゴにこだわってみました♪

イースターギフト

イースターギフト


イースターギフトもご用意いたしました。

イースター初心者ではございますが、どうぞ宜しくお願いいたします。

ろうそくのよもやま話

皆既月食と夜桜(こちらの写真は合成イメージです)

皆既月食と夜桜(こちらの写真は合成イメージです)


こんにちは、クレ子です。バースデーケーキのはじまりが古代ギリシャの月の神様アルテミスへの御供えにはじまったといわれていますが、今日の夜は皆既月食。

皆既月食の月は消えてしまうのではなく、赤く見えるのは、光の波長の関係で赤い光だけが地球にさえぎられることなく、月まで届くので、皆既月食中の月は赤く見えるのだそうです。

ちなみに、夜桜と赤い月のコラボは、今夜を見逃すと、次のチャンスは28年後だとか。普通の皆既月食も3年後だとか。ぜひぜひ、晴れて欲しいものですね。今夜は桜と皆既月食の奇跡のコラボに期待!

さて、話は古代ギリシャの月の女神のアルテミスに話を戻しますが、アルテミスの誕生日には、三日月や満月のケーキのまわりに小さなロウソクを燈してお祝いしていたようです。

CC:Hebe Aguilera

CC:Hebe Aguilera

その習慣が、巡りめぐって今日の日本にも伝わってきています。

欧米では、昔から『誕生日に、1回でキャンドルの火を吹き消すことができると願いが叶う』といわれています。この言い伝えも一緒に実践されているご家庭も多いことでしょう。

ラ・クレマンティーヌでは、バースデーケーキ(2-3名様以上の大きさ)1台につき、プレート1枚とローソクを12本まで無料サービスでお付けしております。更に、小さなお子様のお誕生日であることをご注文の際にお申し出いただくと、熊さんの砂糖菓子のお人形も1個添えさせていただいております。

バスデーメニュー(2014年11月1日~2015年5月31日頃迄)

バスデーメニュー(2014年11月1日~2015年5月31日頃迄)


▼ラ・クレマンティーヌのバースデーメニュー
https://www.clementine.co.jp/birthday/birthday-menu/2014-11.pdf
▼インターネットからのご予約はこちら
https://www.clementine.co.jp/birthday/
▼FAXでのご予約はこちら
https://www.clementine.co.jp/birthday/print-fax.pdf

ラ・クレマンティーヌの太いろうそく

ラ・クレマンティーヌの太いろうそく

クレ子が過去に利用させていただいた他のケーキ屋さんでは、プレートやローソクをお願いしたところ、プレートは1枚から、ローソクは1本でも追加料金がかかっていたので、当店は結構大盤振る舞いなんだな~と自負しております。

ちなみにローソクは、太いローソクと細いローソクを組み合わせ自由でお選びいただけます。

ロウソクのサイズ

ロウソクのサイズ

また、無料サービスのロウソクだけでなく、有料のロウソクも色々と取り揃えております。

ショーケースの上に有料のロウソクも取り揃えております。

ショーケースの上に有料のロウソクも取り揃えております。

ロウソクについて調べていると、こんな恐ろしい記事も目にしてしまいました。

▼「ケーキにローソク立てすぎ!」Twitterで話題に【炎上注意】
http://matome.naver.jp/odai/2136939043146252401

せっかくの美味しいケーキが台無しになってしまうだけでなく、とっても危険なので、ローソクの数もほどほどにm<_ _>m

数字のろうそく(1個108円)

数字のろうそく(1個108円)


数字のロウソクが人気です。
素敵なお誕生日や記念日をお過ごしいただけると幸いです。

誕生日ケーキのよもやま話

季節のフルーツと純生クリーム(純生ショート)

季節のフルーツと純生クリーム(純生ショート)


こんにちは、クレ子です。随分と日が長くなりましたね。昨日は「お花見がまだできていません」とつぶやいたものの、ふと心の目を開いてみると、通勤途中やクレマンティーヌのご近所さんでも桜が見頃を迎えています。お花見は桜並木や桜が沢山咲いている公園だけでするものでもないですね。ちょっぴり癒されました(^^)
ご近所の桜

ご近所の桜

さて、今日は誕生日ケーキについてのよもやま話です。

バースデーケーキについて調べてみると・・・・・・

生チョコショート

生チョコショート★サンドはバナナorイチゴをお選びいただけます。

▼ウィキペディア「バースデーケーキ」
http://ja.wikipedia.org/wiki/バースデーケーキ
いつも、ついつい真っ先に頼りにしてしまうウィキ先生の情報は珍しくちょっと頼りない感じでしたので、
気を取り直して、更に調べてみると・・・・・・

▼贈るキモチ「そもそも、なぜ誕生日にケーキを食べるようになったのか?」
http://www.okuru-kimochi.com/knowledge/birthday-knowledge/birthday-knowledge06/

▼YAHOO!知恵袋「誕生日のケーキにローソク立てるのって・・・」
http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1326936273

▼おしえてね ドットコム!「何でお祝い事の時にはケーキを食べるのでしょうか?」
http://homepage2.nifty.com/osiete/seito313.htm

等、いくつか参考になるホームページが閲覧できました。

クレ子なりに要約してみると、お誕生日ケーキのはじまりは、古代ギリシャまで遡って、そもそもは神様への御供えものからはじまったということです。

「古代ギリシャ人は、丸型もしくは月の形のケーキを作り、 月の神であるアルテミスの誕生日に神殿に捧げていました。 そして、アルテミスの神に供えたケーキを、 供え終わってから自分たちで食べたのがバースディケーキのルーツ」とのことですが、丸い形が満月を意味していたなんて興味深いですね。そして、三日月型のケーキなんて、なかなかお洒落ですね♪

そして、途中で衰退し、中世のドイツでひょっこり復活したということらしいです。(きっと何らかの形で、どこかで継承されていたのでしょうが、現時点で証拠となる文献等が発見されていないので、いきなり中世まで飛躍してしまったと考えるのが妥当だと思います。)

ちなみに日本で最初にお誕生日のお祝いをしたのは織田信長さんで、一般庶民にその習慣が広まったのは、戦後のGHQの影響といわれているようです。

更に「年齢のとなえ方に関する法律」という法律があること自体知りませんでした。

もし、この法律が施行されていなかったら、お誕生日の習慣もお祝いにケーキを食べる習慣も、日本にここまで浸透しなかったかもしれません。

一つ一つ調べてみるとなかなか興味深いものですね(^^)